海の精 あらしお (国産)
240グラム 600円(税別)
500グラム 1,200円(税別)
3キログラム 6,000円(税別)
70グラム おためしパック
240円(税別)
20キログラム 36,000円(税別)

1972年、日本から塩田が消え、国産の塩づくりはすべてイオン交換式に切り替わりました。「海の精」は、伝統の塩を求める消費者たちが復活した、日本の伝統海塩です。

産地は、美しい自然に囲まれた離島、伊豆大島です。原料は、黒潮が運ぶ清らかな海水100%。他の原料塩などは使っていません。製法は、太陽と風と火の力を活用する日本伝統流。ネット架流下式塩田で海水を濃縮し、蒸気式平釜で塩を結晶させています。

成分は、塩化ナトリウムだけでなく、マグネシウム、カルシウム、カリウムといった、生命保持に欠かせない少量微量の元素を含んでいます。日本の伝統海塩(あらしお)がしっとりしているのは、海水由来のニガリ成分をほどよく含んでいるからです。

味は、ただ塩辛いだけでなく、ほのかな甘さや旨さ、コクやキレがあります。海水由来の複雑な味があり、なつかしい味わいです。料理に使うと、素材の甘味や旨味を引き出し、美味を醸し出してくれます。

あらゆる料理に向いていますが、シンプルな塩味の料理こそ、日本の伝統海塩ならではのおいしさが分かります。おむすび、塩もみ・サラダ、塩汁・スープ、塩蒸し、塩煮、塩炒め、塩漬け、日本酒のおともにも。ごはんを炊くときにひとつまみ入れると、米の美味が際だちます。

原材料名 海水(伊豆大島近海)
賞味期限 なし
保存方法 常温保管
開封後は密封して湿気を避ける
製 造 者 海の精株式会社
製造方法 原材料名=海水(伊豆大島) 工程=天日、平釜
  • *国内の海水を使用して国内で生産した原料も製品も国産の塩です。
  • *原料は海水100%で、他の原料塩やニガリなどは使っていません。

塩を変えただけでここまで違うものかと思うぐらい! 料理の腕が上達したかのように何もかも美味しくなり、今では欠かせない必需品です! 村上社長〔現会長〕はじめ、高い志に影ながら応援しております。
(東京都 M.H様)

海の精で梅、ラッキョウ、味噌、魚の干物作りに頑張ってます。孫たちが干物が大好きで、少し甘塩にして作っています。魚は古里・九州からの直送です。とてもおいしいです。いつもありがとうございます。皆様、夏に向けてお身体を大切にしてください。
(大阪府 I.H様)

本当に美味しい(?)と言っては変ですが、醤油、塩、これを使ってから、他の物は使えません。
料理が一味も二味も違います。体にやさしい商品ばかりで安心しております。南部せんべいおいしいです。これからもずっ~とよろしく。
(千葉県 I.T様)

『正しい塩の選び方』を読ませていただき、今回、初めて「海の精」を購入しました。今まで自分ではかなり高価で、食べ比べても良い物を使っているという実感を持って使っておりましたが、「海の精」とは比べ物にならない粗悪品のようでした。「海の精」のまろやかな塩味には本当に驚かされ、こんな塩があったのかという思いがしております。(粗悪品とは含有成分のことで…)
(長野県 母袋節子様)

海の精のお塩とおしょう油は、すっかり我が家の味です。お客様にも好評です。これからもよろしくお願いします。
(愛知県 戸田隆子様)

お塩、しょうゆを使って2年ほどになりますが、親戚、家族でよろこんで使わせてもらっています。血圧の高い人には、特に良いようで、煮物から漬物から何にでも使っています。塩の道クラブを知ることができて本当にありがたいと思っています。長生きできるような気分にもなります。また楽しんで使わせて頂いております。
(長野県 I.H様)

体にやさしい海の精で、毎年、梅干を漬けるのが楽しみです。おいしい梅干しができるので、みなさんに喜んでいただいています。
(東京都 U.K様)

いつも海の精のお塩とやきしおをおいしく利用しています。なのに、おしょうゆはどこのスーパーや、西武さえもおいてありません。先日、電話をかけ問い合わせてみると…福井県にはない!とのこと…ガッカリでした。
今回は送料無料とのことで注文してみました。今日届いたばかりで、まだ味わっていませんが楽しみです。近くのスーパーにも置いてもらえないか交渉してみましたが…。 福井県にもおしょうゆあるといいのに…。
(福井県 S.H様)