海の精 福神漬(国産)

80g
518円(税込)
  • 原材料や
    栄養成分

  • 美味しさ
    のワケ

  • 料理素材
    としても

  • 喜びの声

カレーに合うまろやかな甘味

国産有機野菜をふんだんに使用

国内の契約農家で栽培した有機野菜など七種の素材(有機大根、有機なす、有機きゅうり、有機しょうが、ごま、干ししいたけ、昆布)を使用しました。野菜を伝統海塩「海の精」で下漬けし、「海の精 国産有機・旨しぼり醤油」、純米みりん、「海の精 野生梅酢」でつくった調味液に、ごま、干ししいたけ、昆布を加えて漬けました。

甘味は純米みりん由来で、砂糖などは入っていません。着色していないので赤くありませんが、七福神にちなんだ七つの素材と、伝統海塩を用いた調味料との共演をお楽しみください。

まろやかでふくよかな甘味が、カレーライスにとてもよく合います。それでいて後口がくどくないので、和えものなど、料理素材としてもご活用いただけます。

海の精の伝統漬物は、日本伝統の古漬けにこだわり、塩蔵・発酵させた国産野菜を、昔ながらの伝統調味料にしっかりと漬け込みます。塩を効かせた本来の伝統漬物は、日本の主食「米」とよく合い、ひと切れで簡素ながら豊かな副食になります。味噌汁があれば、しみじみと滋味深い伝統和食の基本の食卓が整います。

原材料名
有機大根、有機なす、有機きゅうり、有機しょうが、ごま、干ししいたけ、昆布、漬け原材料[有機しょうゆ(大豆<非遺伝子組み換え>・小麦を含む)、純米みりん、梅酢、食塩]
賞味期限
製造日より8ヵ月
保存方法
直射日光を避け冷暗所で保管
開封後は冷蔵
開封前であっても夏季や長期保存は冷蔵
販 売 者
海の精株式会社
栄養成分表示
(100g当たり)
熱量
78
kcal
たんぱく質
2.9
g
脂質
0.4
g
炭水化物
15.8
g
食塩相当量
4.6
g

この表示値は、目安です。


  • *すべての原料は、塩まで含めて国産です。
  • *すべての塩(塩分)は、伝統海塩「海の精」を使用しています。
  • *すべての食品添加物は、化学調味料(アミノ酸等)、甘味料、着色料をはじめ、いっさい使用していません。

素材は、生産者のわかる国産野菜だけ

素材は、七福神にちなんだ七種(有機大根、有機なす、有機きゅうり、有機しょうが、ごま、干ししいたけ、昆布)。国産有機野菜4種を伝統海塩「海の精」で塩蔵し、乳酸発酵してから、伝統調味料でつくった調味液に、ごま、干ししいたけ、昆布を加えて漬けました。

福神漬

カレーにピッタリのふくよかな甘味!

調味液は、「海の精 国産有機・旨しぼり醤油」、純米みりん、「海の精 野生梅酢」を調合しました。これらの調味料の原料もすべて国産で、昔ながらの手間と時間をかけてつくられたものばかりです。

純米みりんのふくよかな甘味と、「旨しぼり醤油」のコクのある旨味に、隠し味の「野生梅酢」の酸味が加わった、厚みのある味わいです。定番のカレーライスに、まさにピッタリ。

砂糖や酵母エキスなどと、化学調味料などの食品添加物は入っていませんので、体がよろこぶ自然なおいしさで、後味もすっきりしています。

カレー

食物繊維たっぷりで、腸内環境にもGood!

「海の精 福神漬」に含まれている塩分は、すべて伝統海塩「海の精」由来のもの。だから、生命保持に欠かせない海水の無機元素と、伝統海塩ならではの無機塩類がおいしいバランスで含まれています。

また、豊富な食物繊維だけでなく、乳酸菌などの微生物が生み出した発酵生成物が、腸内環境をととのえてくれます。

砂糖や酵母エキスも、化学調味料、甘味料、着色料などの食品添加物も入っていないので、そのまま食べるだけでなく、料理素材としてもご活用いただけます!

和えものに!

「海の精 福神漬」、フノリ、炒ったエゴマの和えもの。意外な組み合わせが、絶妙な食感と味を生み出しています。

福神漬とフノリのエゴマ和え

蒸し和えに!

角切りダイコンといっしょに蒸して、味をしみこませて、油で炒めたカリカリ干しシメジをトッピング。ほんのり甘辛味が、ごはんのおともやお酒の肴に。

ダイコンと干しシメジの漬物和え

パンのおともに!

みじん切りにした「海の精 福神漬」を、菜種油に合わせてパンのおともに!漬物の塩気がパンに合います。

「漬物オイル」の作り方 「福神漬」20gを刻んで、菜種油大さじ2を加えるだけ!半日以上置いた方が塩気が油に溶けだして◎

漬物オイル
  • 福神漬が好きなので、この海の精の「福神漬」は本当に私好み! しかも、砂糖も着色料も不使用、国産有機野菜使用! おいしい上に、安心して食べられるなんて、これまで出会ったことがありません。(S.C様)
  • 主役のカレーを脇役に追い込むほどのうまさ!っていうか、カレーの味にかき消されるのがもったいないくらい、おいしい! 私は、カレーよりも、白いご飯と食べるのがおいしかったくらいです ^ ^ 。お漬物として、完成したうまさです☆(atsuko様)
  • いろんな野菜が使用されていますが、どれも歯ごたえよく、漬物独特の「コリコリ」噛む音を楽しんでいただきました。海の精さんの塩は、本当に野菜の旨みをしっかり引き出すことができ、いつも感心します。添加物なしなので、子ども達に安心して食べさせることができます!(ダレン・シャン様)
  • よくある漬け物は添加物が気になるので、海の精さんのものはどれも安心して食べられてありがたいです。福神漬も自然な味で、カレーだけでなく色んな料理と合い、とてもおいしいです! (anemone様)
  • 原材料や
    栄養成分

  • 美味しさ
    のワケ

  • 料理素材
    としても

  • 喜びの声

  • よくある
    質問

漬物 全般

海の精の漬物は、しょっぱ過ぎませんか?

海の精ブランド漬物は、ごはんのおかずになる伝統漬物を目指しています。そのため、漬物だけでお召し上がりになると、塩味が強いと感じられるかもしれません。

和食には「一汁一菜」という言葉がありますが、この“一菜”は、もともと漬物のことを指していました。ごはんの甘みと漬物の塩味はよく噛むことで、デンプン分解酵素を含んだ唾液の働きで、おいしく融合します。

また、野菜をしっかり塩漬けして乳酸発酵させた漬物は、腸内環境を整え、免疫力を高めるなど古来より日本人の健康を支えてきました。今こそ、毎日の食事に伝統漬物はいかがですか?

塩味が強いと感じる時は、“小さく”“細く”“薄く”切って、ごはんと一緒にお召し上がりください。

その他の「よくある質問」はこちらをご覧ください。