海の精 麦味噌(国産有機)

海の精 麦味噌(国産有機)
1キログラム
1,360円(税別)

麦麹のさっぱりとした甘味と旨味!

九州や中四国地方でよく食べられる大麦と大豆の味噌で、麦の粒をそのまま残しています。麦麹のさっぱりした甘味と旨味が特長のきりっとした味わいで、洋風料理の隠し味にも使えて重宝です。

加熱処理をしていない生タイプの味噌です。味噌を発酵させた酵母菌や乳酸菌と、それらが生み出した酵素がそのまま生きていますので、毎日の健康づくりに役立ちます。

とても貴重な国産有機大豆と国産有機大麦、秩父の城峰山頂付近からわく天然水、そして伝統海塩「海の精」を原料とし、伝統的な製法にこだわってつくりました。

原材料名
有機大麦、有機大豆、塩(海の精)
賞味期限
製造日より8ヶ月
保存方法
直射日光を避け冷暗所で保管
開封後は冷蔵
開封前であっても夏季や長期保存は冷蔵
販 売 者
海の精株式会社
栄養成分表示
(100g当たり)
熱量
178
kcal
たんぱく質
10.6
g
脂質
6.5
g
炭水化物
21.9
g
食塩相当量
11.15
g

この表示値は、目安です。


  • *すべての原料は、塩まで含めて国産です。
  • *すべての塩(塩分)は、伝統海塩「海の精」を使用しています。
  • *すべての食品添加物は、酒精(アルコール)、化学調味料(アミノ酸等)をはじめ、いっさい使用していません。

その美味しさにはワケがある!

読む

ワケ 1 決め手は、伝統海塩「海の精」!

「海の精 麦味噌」では、黒潮が運ぶ清らかな海水から生まれた、伊豆大島産の伝統海塩「海の精」を使用。 あまり知られていないことですが、高含塩調味料である味噌の基礎を決めてしまうのが、実は「塩」なのです。かつて日本の味噌は、日本の伝統海塩を使っていました。純度の高い外国産の天日塩では、その味は再現されないのです。
海水由来のニガリ成分を含んだ伝統海塩「海の精」は、味噌に奥深くまろやかな塩味を与えてくれます。また塩は、酵母菌や乳酸菌といった微生物の働きをコントロールします。味噌の決め手は、塩。

塩

ワケ 2 味噌においしい、国産有機原料

国産大豆というだけでも希少ですが、国産有機ともなると、日本で使われている大豆の1%未満の収穫量しかありません。「海の精 麦味噌(国産有機)」は国内の契約農家で有機栽培された、貴重な丸大豆と有機大麦を使用しています。

※ポストハーベストや遺伝子組み換えの心配のある原料は使っていません。

国産有機原料

ワケ 3 秩父山系の湧き水!

仕込み水には、秩父山系城峯山の標高800mの採水地から湧き出る“神泉の名水”を使用。長い年月をかけて、森林に降り注ぐ雨や雪が秩父古生層の自然のフィルターを浸透し、地中深くの水源からこんこんと湧き出てくる天然水です。

神泉の名水

ワケ 4 伝統製法でじっくり発酵熟成!

伝統的な製法にこだわり、昔ながらの木桶を用いて加温速醸せず、じっくり発酵熟成しました。
酵母菌や乳酸菌などの微生物が米のデンプン質を糖化し、米と大豆のタンパク質を消化しやすいアミノ酸に分解して、おだやかな甘味と旨味を醸し出します。

発酵熟成

ワケ 5 新鮮な“生みそ”タイプ!

加熱処理をしていない“生”仕上げなので、発酵で生まれた有用な酵母菌や乳酸菌と酵素が生きています。
それらは体の中の善玉菌の働きを助けてくれ、毎日の健康づくりに役立ちます。また、“生”だからこそ味わえる、新鮮な味と香りがあります。

発酵熟成

ワケ 6 麦麹のさっぱりした甘味と旨味!

九州や中四国地方でよく食べられる大麦と大豆の味噌で、麦の粒をそのまま残しています。麦麹のさっぱりした甘味と旨味が特長のきりっとした味わいで、洋風料理の隠し味にも使えて重宝です。

味噌

使い方いろいろ!

読む

炊き込みごはんに!

意外においしい、海の精の味噌の炊き込みごはん。醤油とは、味も香りも色も違う、コクがあります。

味噌と塩シャケの炊き込みごはん

お味噌汁に!

一日一杯はいただきたい、海の精の味噌汁! 味噌や素材を変えることで、いろんな楽しみ方ができます。きりっとした味わいの「海の精 麦味噌」は、夏野菜とも合います。

ラタトゥイユ風の味噌汁

コクのある炒めものに!

炒めものを海の精の味噌で味つけすると、コクのある濃厚な味わいに。ごはんのすすむ、おかずになります。

モヤシと油あげの味噌炒め

トマト味噌ソースに!

トマトと味噌は、実は相性がバツグンにいいんです。トマトと海の精の味噌の旨味が合わさって、極上のソースができます。洋風メニューのソースに、ヘルシーなケチャップ代わりに。

夏野菜のトマト味噌マリネ

スイーツに!

「海の精 麦味噌」のきりっとした旨味が、スイーツのおいしさを一層際だたせてくれます!

白玉の味噌スウィートソース

お客さまの喜びの声

読む

  • 麦味噌、すごくおいしいいです。東海の人間なので豆味噌(赤みそ)しか、ほとんど口にしたことがなかったのですが、大豆と麦こうじの味噌のおいしさに驚きです。常備品にしたいです。
    (愛知県 Y.M様)
  • 我が家では毎朝、豆味噌・麦味噌ブレンドのお味噌汁(その日によって割合を変えて)おいしく頂いています。玄米味噌は、小学生の娘が学校から帰ってきてからの“おやつ”に大活躍しています。一番のお気に入りは玄米みそ焼きおにぎり(おにぎりをフライパンで焼いて、みそを塗って更に少し焼くだけ)です。他には、玄米ごはんに少し粉と水を入れ、おやきにして玄米味噌を塗ったり、ぽんせんに玄米味噌+ゴマペーストを塗って食べたりしています。簡単でおいしく身体にもよく、本当に嬉しいです! ありがとうございます。
    (神奈川県 Y.H様)
  • 夏は軽くてとても食べやすいです。またおいしいです。
    手前みそもあるのですが、夏には麦味噌を取り入れたくなります。基本的に海の精のお味噌はどれもこれもおいしく、友人に紹介しても喜ばれます。
    (茨城県 山口様)
  • (麦味噌)甘みと香りがあってとてもまろやかで、塩分もちょうどよく本当に美味しい!!と感じます。味噌汁はもちろん、「味噌がおいしい」の中のいろいろな、すり味噌、練り味噌など、その他いろんな料理に使わせていただいて、とても美味しいです。
    (豆味噌)冬に味噌汁などに使うとコクがあって旨みがいっぱいでとても美味しいです。体が温まる感じがします。
    (福島県 浅野健児様)

関連レシピ