風邪予防翡翠スープ

出所:『「海の精サロン」2015年12月6日龍頭佳世さま』

風邪を引きそうな時や、風邪気味の時など、抗炎症作用や、粘膜の腫れをとり、回復を早めることができます。ちょっとお薬感覚でいただくスープです。残り玄米ごはんで作れます。

調理時間
20〜30
材料6人前

・ヨモギ(ゆでたもの)…20g
・ほうれん草…1わ
・だし汁(昆布、野菜くず)…4カップ
・紅玉梅干…1個
・百合根…6片
・玄米ごはん…1/2椀
・海の精あらしお…1つまみ
・白ゴマ油…小さじ1
・刻みアーモンド…少々
・乾燥わかめ…少々

作り方

1.紅玉梅干をだし汁に入れ、温める。
2.ヨモギは、柔らかい葉だけをちぎり、さっと塩ゆでして(塩は分量外)水にとり、刻む(春に摘んで冷凍しておいたものでも可)。
3.ほうれん草も同様に色よくゆでて、水にさらし、適当な長さに刻む。
4.鍋に白ごま油を温め、少し刻んだゆり根、玄米ごはんを炒め、だし汁を加える。
5.味をみて海の精で調味し、ほうれん草と野草を加えて、汁を温め、火から下ろし、梅干の種を取り出してミキサーにかける。
6.5を鍋に戻し、温め、再度味を調える(とろみ加減はお好みで)。
7.器によそい、刻んだアーモンドをふり、乾燥わかめを細かくもんであしらう。

ここがポイント

*白ゴマ油はコクを出すために使いますが、身体の負担が多いので、できるだけ少なめにします。
*とろみを加えたいときは百合根や玄米ごはんの量を増やしたり、葛粉を入れてもいいです。