ごぼうのトマトごはん

出所:『「海の精サロン」2016年9月10日小松英子さま』

夏の名残、秋のはしりの食材をいただく炊き込み玄米ごはん。ごぼう、干し椎茸、トマトにしっかり火を入れて陰陽調和させてから炊きます。

調理時間
1時間以上
材料6人前

・玄米…2.5カップ
・ごぼう…60g
・干し椎茸…1枚
・トマト…1個

・ゴマ油…大さじ1/2~1
・紅玉梅酢…1~2滴
・海の精あらしお…ひとつまみ

・海の精あらしお…小さじ1/2
・旨しぼり醤油…大さじ1/2
・麦味噌…小さじ1と1/2
・水…3カップと1/4カップ

作り方

1.玄米は洗って水気を切っておく(炊く30分前には水切りをする)。
2.ごぼうとトマトは7~8mmの角切りに。椎茸は一晩水に戻して、石突きだけ取り除き、軸も一緒にみじん切りにする。
3.圧力鍋を温め、ゴマ油でごぼうを炒め、梅酢を混ぜてフタをして(重りはのせない)火を弱め、蒸し煮する。蒸し煮ができたらトマトを入れて炒め、椎茸も入れて炒め、塩をひとつまみ入れて全体を混ぜて、鍋の真ん中に野菜をまとめて、フタをして火を弱めて、もう一度蒸し煮する。
4.3に半分の玄米を混ぜて、その上に残りの玄米をのせて、水と塩、醤油、味噌を入れて、強火にかける。重りが動いたら弱火にして25分炊く。15分蒸らしてごはんをほぐす。

ここがポイント

*ごぼうの蒸し煮はアク気の強い、土臭い香りが甘い香りに変わったら、できあがりのサイン。
*蒸し煮は、圧力鍋ならフタの穴から蒸気が出て来たら、完了のサイン。ガラスのフタなら、曇りが取れて、汁がフタを伝って中が見えたらOK。最後はフタを取り、目で見て取って煮えているか、味を見て甘みが感じられるか、確認します。