基本の野菜ギョウザ

基本の野菜ギョウザ

出所:『続 野菜だけ?』37ページ

ニンニクが苦手な人も大好きな人も満足する

調理時間
30〜60
材料

【具の材料(40個分)】
・ハクサイ…100g
・長ネギ…50g
・シメジ…100g
・ニラ…15g
・醤油…大さじ1
・酒…大さじ1
・ゴマ油…小さじ2
・クズ粉…7g
*ハクサイをキャベツやチンゲンサイに代えてつくってもOK!

【皮の材料(25枚分)】
・小麦粉(中力粉)…150g
・ゴマ油…小さじ1
・塩…小さじ1/5
・熱湯…1/2カップ

作り方

■ギョウザの具のつくり方
1.ハクサイは5分熱湯でゆで、5mm幅に繊維にそって切り目を入れて、5mm角に切る。切ったハクサイは両手にはさんで軽く絞る(絞りすぎない。少ししっとりしているくらいがベスト)。
2.長ネギは縦半分に切ってから、3mm幅に繊維にそって切り目を入れて、3mm角に切る。
3.シメジは房をほぐし、端から大きさを揃えるように粗みじんにザクザクと切る。ニラは5mmの小口切りにする。
4.調味料の材料を、すべて混ぜ合わせる。
5.ハクサイ、長ネギ、シメジ、ニラをボウルにまとめ、4の調味料を入れて、全体をよく混ぜ合わせる。
*野菜は細かく切りすぎないように注意! 食感を残すための適度な大きさがギョウザのおいしさをアップさせます。

■皮のつくり方
6.ボウルに小麦粉、塩、ゴマ油を入れて、その中に熱湯を一気に入れる。
7.6を箸で手早く混ぜ、粉全体に熱湯がいき渡ったら、手でよくこねる。
*こねるとき、ボウルのまわりの粉をつけながら、手でまとめる。折りたたんでは体重をかけ、手で押しつけるようにこねます。
8.全体が耳たぶくらいのかたさになり、ツヤが出てきたら、かたく絞ったぬれぶきんをかけて、約30分寝かせる。
*乾かないように密閉容器に入れれば、冷蔵庫で3~4日保存も可能。
9.30分後、生地を筒状にして、まず5等分に切る。5等分の1つをさらに5等分にして、粉をしいたバットに入れて、全体に粉をまぶしておく。
*生地は、5等分×5等分で計25個できます。
10.9の生地の余分な粉を落とし、まず手で円形にして、めん棒で直径約9cmの大きさにのばす(まず縦長の楕円形にのばす。向きを変えて反対方向へのばす。生地を回しながら4回くらいのばす。のばす途中、形がゆがんでも手で整えればOK)。

■包み方
11.皮の中央に具を約10gのせる。
12.皮のふちに水をつけ、半分に折り、くっつける。
13.ひだをとりながら、水をつけて押さえていく。
*ひだは3ヵ所くらいで、重なる部分を狭くするとうまく包めます。
*包み終わったらすぐに焼く準備を。

■焼き方(24cmのフライパンで12個焼く場合)
14.フライパンにゴマ油小さじ1を入れ、よく温めたら、余分な粉を落として、ひだがついている方を上にしてギョウザを並べる。
15.強火のまま少し焼き、水を3/4カップ加える。
16.15にふたをして、4分蒸し焼きにする。
17.ふたをとり、水分がとんで、まわりが少し焦げるくらいまで焼きあげる。
* 焼き目を上にして皿に盛れば、上はカリカリ、下はもっちり蒸されておいしい!

ここがポイント

*ニラソースをつけて食べると一層おいしいです。ギョウザと一緒にぜひ試してみてください。