ラタトゥイユ

出所:『味噌がおいしい。』96ページ

夏野菜を炒めて煮込む南仏料理の定番。野菜の旨みがギューッと引き出されたシンプルなお料理ですが、隠し味に海の精の味噌を使うことで味に深みとコクをプラスできます。温かくても冷たくてもおいしく、パンやパスタだけでなく、ごはんにも合います。

調理時間
30〜60
材料2人前

・ニンニク・・・1/4個
・セロリ・・・10g
・ニンジン・・・40g
・ゴボウ・・・100g
・タマネギ・・・100g
・ダイコン・・・100g
・ナス・・・150g
・キュウリ・・・150g
・ピーマン・・・2個
・トマト・・・300g
・オリーブ油・・・大さじ1
・コンブだし汁・・・1カップ
・ローリエ・・・1枚
・海の精・・・小さじ1と1/2
・玄米または麦味噌・・・大さじ山1

作り方

1.ニンニク、セロリはみじん切り、ゴボウは斜め薄切りにする。タマネギ、ピーマン、トマトはまわし切り、ダイコンはイチョウ切り、ニンジン、ナス、キュウリは輪切りにする。
2.厚手の鍋にオリーブ油を熱し、ゴボウ、ニンニク、セロリを炒め、いい香りがしてきたらタマネギ、ダイコン、ニンジン、ナス、キュウリ、ピーマン、トマトの順に炒める。
3.コンブだし汁とローリエを加え、沸騰したら、海の精と味噌で味をととのえる。
4.弱火にして、さらに20分煮る。