大根と干しシイタケの炒り煮 with もちキビ

出所:『「海の精サロン」2015年9月13日つぶつぶグランマゆみこさま』

大根と干しシイタケだけで主菜になるおかずができます。塩味を効かせ、うまく火加減を調整することで野菜の旨みを引き出します。

調理時間
30〜60
材料4人前

・大根…1本(1kg)
・油(菜種油:ごま油=7:3)…大さじ3
・干しシイタケ…5~6個
・水(またはぬるま湯)…1カップ(200cc)
・海の精あらしお…小さじ1/2
・旨しぼり醤油…大さじ5
・炊いたもちキビ…適量

作り方

1.大根は皮つきのまま、厚さ1.5cm〜2cmの輪切りにする。干しシイタケは分量の水につけて戻し(戻し汁は取っておく)、細く切る。
2.鍋に油を熱して、1の大根と干しシイタケを入れて強火で炒める。全体に油が回ったら、干しシイタケの戻し汁とあらしおを入れる。
3.煮立ったら中火にし、約10分煮る。煮汁が半分になったら、旨しぼり醤油を入れ、焦げる直前まで煮て、炒りつける。
4.皿に盛り、炊いたもちキビをトッピングする。

ここがポイント

*干しシイタケは水なら前日から、ぬるま湯なら当日つけて戻します。
*野菜を煮るときは最初は必ず強火で。沸騰したら中火に落とし、くらくらと、ちょっと勢いがある火加減で煮ます。野菜の旨みを引き出す煮方のコツです。