ひじきと葛きりの緑酢あえ

出所:『「海の精サロン」2014年6月22日野口清美さま』

すりおろしたきゅうりを衣に使った酢のものです。見た目にも涼しげで夏らしい一皿。素材のさまざまな食感が楽しめます。

調理時間
30〜60
材料6人前

・ひじき…10g
・葛きり…40g
・油あげ…1/2枚
・みょうが…1個
・醤油…大さじ1/2
・梅酢…小さじ1+少々

*あえ衣(緑酢)
・きゅうり…1.5本
・米酢…大さじ1/2
・りんご酢…大さじ1
・みりん…大さじ1
・醤油…小さじ1/2
・海の精あらしお…小さじ1/6

作り方

1. ひじきはさっと洗って、ひじきが隠れるくらいのたっぷりの水で戻す。3cmの長さに切り、戻し水、醤油大さじ1/2、梅酢小さじ1を入れ、フタをしないで10分くらい中火で炊く。
2. 葛きりはゆでて水でしめて、4cmくらいに切りそろえる。油あげは油抜きをしてから両面を軽く焼いて細切りにする。みょうがは薄いまわし切りにして、梅酢少々をからめておく。きゅうりは板ずりをして30分おいてから、粗めのおろし金ですりおろす。
3. きゅうりはザルに入れて水気を切り、軽くしぼって調味料を合わせて緑酢を作る。
4. 食べる直前に、すべての材料を3の緑酢であえる。あえ衣が固かったら、きゅうりの絞り汁を足す。

ここがポイント

*油あげの油抜きは、買ってすぐの場合なら、キッチンペーパーにはさんで表面の油だけでも取りましょう。
*葛きりは商品に書いてある戻し方にそって、芯が残らないように戻してください(葛100%のものは前日から浸けておいて、湯がいた後も少し蒸らします)。
*きゅうりは側面を板ずりするだけでなく、天地の切り口にも軽く塩をしみこませて、30分おいて、陰性さを消します。
*あえ衣のみりんは、お酒が苦手な方や子どもの場合は煮切ってから。入れずに、りんご酢を増やしてもいいです。