桜の花の塩漬け

出所:『塩料理』60ページ

材料

・開花したばかりの
茎のついた八重桜・・・200g
・海の精(下漬け用)・・・40g
・白梅酢・・・大さじ4
(梅干しを塩漬けしたときに出た汁)
・海の精(保存用)・・・大さじ2~3

作り方

1.容器に海の精をふりながら、桜を重ね入れて、倍量の重石をして4~5日漬ける。
2.軽く絞ってから2時間陰干しして容器に戻し、白梅酢をかけて表面をガーゼでおおって同じ重石をして1週間おく。
3.盆ザルにほぐして広げ、湿り気が残る程度に干したら、保存用の海の精をたっぷりからめて、ビンに入れて冷暗所で保存する。

ここがポイント

さっと水洗いしてから使います。ダイコンの千切りの塩もみと一緒に、もみ漬けにするときれいです。