海の精 海精にがり(国産)
200ミリリットル 400円(税別)

伝統海塩「海の精」の生産工程でできる伝統苦汁(にがり)です。主に豆腐づくりに使います。有名な“こだわりの豆腐屋さん”でも数多くご利用いただいています。

産地は、美しい自然に囲まれた離島、伊豆大島。原料は、黒潮が運ぶ清らかな海水100%です。他のニガリや凝固剤などは使っていません。製法は、ネット架流下式塩田で海水を濃縮し、塩を採取した後に残る母液を採取しています。

成分は、塩化マグネシウムだけでなく、生命保持に欠かせない、海水中の少量微量の元素を豊富に含んでします。味は、ただ苦いだけでなく、わずかな塩味と、ほのかな旨さやコクがあります。だから、豆腐を固めるだけでなく、大豆(豆乳)の甘味や旨味を存分に引き出してくれるのです。

ご家庭でも、甘くてコクのある、あの昔なつかしい、おいしい豆腐がよみがえります。

原材料名 海水(伊豆大島近海)
賞味期限 なし
保存方法 常温保管
開封後は密封して湿気を避ける
製 造 者 海の精株式会社
  • *法律上、「粗製海水塩化マグネシウム」として食品添加物(既存添加物)の表示が義務づけられていますが、昔ながらの天然にがりです。
  • *国内の海水を使用して、国内で生産した、原料も製品も国産の苦汁(にがり)です。
  • *原料は海水100%で、他のニガリや凝固剤などは使っていません。

私の住む信州では冬場の農家の暮らしの中で、地元で収穫した大豆を使った“豆腐づくり”が人気です。タンパク質の源である栄養たっぷりの手造り豆腐は我が家の健康の源でもあります。私は豆腐づくりの決め手は「にがり」にあると、つねづね思っていましたので、塩の道クラブ〔海の精クラブ〕との出会いにより、ここ10年来「海精にがり」を使って、毎年おいしい豆腐をいただいています。市販の豆腐と味がちがうと言われています。海精にがりは是非、皆さんへお勧めします。
(長野県 小林元男様)

海精にがりで豆富づくりをしております。天然にがりでの豆腐は豆富です。孫たちは豆富を食べれば豆腐はしばらく食べません。皆様に大変喜ばれており、海精にがりのお陰で人気上昇です。大豆も自家製です。
(長野県 清水貢様)

大豆から豆腐まで手作り。こだわりを持ってやっております。海精にがり、最高です。水にもこだわっております。
(長野県 清水貢様)