真ガレイの中華風酒塩蒸し

出所:『塩料理』65ページ

シンプルな真カレイの酒塩蒸しです。たっぷりのネギと生姜を添えて、中華風に仕上げます。シンプルクッキングは、塩のおいしさが味の決め手です。

材料2人前

・真ガレイ・・・1匹(300g)
(または白身魚の切り身3~4切れ)
・酒・・・大さじ2
・ネギ・・・2本
・ショウガ・・・10g
・ミツバ・・・少々
・海の精 ・・・小さじ1

作り方

1.カレイのうろこを取って、頭を左、腹を手前に置いて、裏側の腹を切ってワタとエラを取り出してきれいに水洗いし、盆ザルの上にのせ、両面に海の精をふっておく。
2.ネギは10cm4本分を切り取って、残りを縦千切りにする。ショウガは薄切り1枚をとって、残りを千切りにする。
3.皿にぶつ切りのネギを縦に置いて、その上にショウガの薄切り1枚を腹にはさんだ魚をのせ、酒をふりかける。千切りのネギとショウガをのせて、蒸し器に入れて強火で15~20分蒸す。火を止める直前にミツバをのせ、ふたをして火から下ろし、蒸らして味をなじませる。

ここがポイント

切り身の魚のときは、ネギとショウガの半量をたたいて皿にしき、魚を上に並べて蒸します。薄塩にして、醤油やたれをかけてもおいしい。淡泊な魚なら、ゴマ油大さじ1をふって蒸します。酒と海の精だけのあっさり蒸しもグッド。