里芋の野菜あん包み揚げ

出所:『「海の精サロン」2016年9月10日小松英子さま』

食べてみたらビックリ。里芋の衣の中に、蒸し煮をした旨みのある野菜あんと真ん中には甘栗が入っています。おもてなし料理にもおすすめ。

材料6人前

・里芋…500g
・干し椎茸…1枚
・玉ねぎ…80g
・人参…30g
・むき甘栗…6個

・海の精あらしお…ひとつまみ×2回
・ゴマ油…少々
・葛粉…大さじ1~2くらい(同量に水で溶いておく)
・海の精あらしお…小さじ1/3くらい
・旨しぼり醤油…小さじ1くらい
・米粉…適量
・揚げ油…適量

作り方

1.里芋はよく洗い、真ん中に一周包丁で切り込みを入れてから皮ごと蒸す。皮をむいて塩をして(塩味が感じられるくらい)、すり鉢でよくつぶす。
2.干し椎茸は水で戻し、みじん切り。玉ねぎと人参もみじん切りにする。
3.鍋を温め、ゴマ油を入れ、椎茸、玉ねぎ、人参と順に炒め、ひとつまみの塩を入れ、全体を混ぜて、鍋の真ん中に寄せて、フタをして弱火にして蒸し煮する。野菜が甘くなり蒸し煮ができたら、塩と醤油で味をととのえ、味見をする。火にかけながら水溶き葛粉を少しずつ全体に回し入れて、まとめ、火から下ろす。米粉をまぶした、むき甘栗を芯にして、6個に丸める。
4.1のつぶした里芋を6等分にして3を包み、米粉をまぶして170~180℃油で揚げる。

ここがポイント

*蒸し煮をしていて焦げそうだと思ったら、差し水をします。
*2の野菜は味つけをしてパラパラな状態にしてから水溶き葛粉を入れます。