本格ビビンバ丼

出所:『2012年6月「海の精サロン」タカコ・ナカムラさま』

植物性のみですが、彩りがきれいで食欲のわくビビンバ丼。甘酒、塩麹、味噌を活用することで味に甘み、コク、深みが出ています。

調理時間
30〜60
材料2人前

・ごはん(玄米または雑穀ごはん)…茶碗2杯
・ヒジキ(乾燥)…6g
・豆もやし…80g
・ニンジン…70g
・小松菜…2茎
・高野豆腐…1枚
・ゴマ油…大さじ1
・甘酒味噌だれ…大さじ1

*基本ナムルだれ(1単位分)
・ゴマ油…大さじ1
・塩麹…大さじ1
・白すりゴマ…大さじ1
・海の精あらしお…少々
・ニンニク(ヒジキのみ)…少々

*甘酒味噌だれ(作りやすい量)
・玄米甘酒(濃縮タイプ)…150g
・麦味噌…1カップ弱
・生姜(すりおろし)…適量

*甘酒コチュジャン(作りやすい量)
・玄米甘酒…大さじ2
・豆味噌…大さじ1
・韓国唐辛子…大さじ1/2

作り方

1.〈甘酒味噌だれ〉はすべての材料をボウルに入れ、よく混ぜておく。〈甘酒コチュジャン〉はすり鉢で混ぜておく。
2.〈基本ナムルだれ〉をボウルに入れ、ゆでたヒジキ(たれにすりおろしニンニクを加える)、豆もやし、小松菜に和える。ニンジンは食べやすい千切りにして、〈ナムルだれ〉で和える(合計4単位のナムルだれが必要になる)。
3.高野豆腐は水で戻し、絞ってからみじん切りにする。フライパンにゴマ油を入れ、高野豆腐を炒め、〈甘酒味噌だれ〉で味をつける。
4.ごはんを丼に盛り、ナムル4種(ヒジキ、豆もやし、ニンジン、小松菜)と3の高野豆腐を彩りよくのせ、〈甘酒コチュジャン〉を好みで添える。

ここがポイント

*土鍋にゴマ油を塗って盛りつけ、火にかけて軽く焼いてもおいしいです。
*〈基本ナムルだれ〉は、洋風にしたければ油をオリーブ油に、健康志向ならグリーンナッツオイルなどに。
*〈甘酒味噌だれ〉は、炒めものの味つけやチャーハンの隠し味、魚の切り身に塗ってもおいしいです。