オカヒジキと生シイタケのチヂミ

オカヒジキと生シイタケのチヂミ

出所:『続 野菜だけ?』29ページ

シャキシャキのオカヒジキの食感が新鮮

調理時間
10〜20
材料

【直径20cm1枚】
・オカヒジキ…25g
・生シイタケ…25g
・小麦粉…50g
・塩…小さじ1/4
・水…1/2カップ
・合わせ油(菜種油:ゴマ油=7:3)…大さじ1+小さじ1

作り方

1.オカヒジキは、さわって筋のあるかたいところは手で折る。生シイタケは7mm厚に切る。
2.ボウルに、1のオカヒジキと生シイタケと塩を入れ、野菜の上に小麦粉をふるい入れ、野菜と粉がしっかりからまるように、ささっと混ぜる。
3.2に水を加えて、大きく混ぜ合わせて、チヂミの生地をつくる。
4.フライパンを強火にかけて大さじ1の油を熱し、アツアツのプライパンに3の生地を一気に流し込んだら、生地を平らにまとめて中火にして焼く。
5.生地の端がカリっとしてきたら裏返し、小さじ1の油をぬる。
6.両面で合わせて4分くらい焼いたら、できあがり。

ここがポイント

*生シイタケは厚めに切る方がおいしいです。
*オカヒジキは海藻のようで実は葉野菜。ゆでてもシャキシャキ感があり、あえものやサラダに向きます。
*生地を焼くときは強火で油を熱し、フライパンが充分に熱くなってから、生地を入れます。
*裏返す前は、生地の端がカリッとしたら、表面は半生で白く乾いていなくても裏返してOK。
*アツアツで食べるとクセになるほどのおいしさ! ヤンニョンジャンをかけてめしあがれ。ピリ辛味がチヂミとよく合って絶品!

●バリエーションを楽しむ
チヂミ生地は、同じ分量と焼き方で、いろいろな具材でバリエーションが楽しめます。旬の野菜や食感のある穀物などを利用して、オリジナルな組み合わせに挑戦すれば、新しいおいしさが発見できるかも。
■長ネギ&ニラ
長ネギ25gは、7mmの斜め切り。ニラ25gは、長さ3cmに切る。
■キャベツ&ワカメ
キャベツ25gは、3cm角に切る。戻したワカメ25gも、キャベツと揃えて3cm角に切る。
■白キクラゲ&タマネギ
戻した白キクラゲ25gは、一口大にちぎる。タマネギ25gは、繊維に直角に6mm幅に切ってから半分に切る。
■ウド&コンニャク
皮をむいたウド25gは、5cmの長さに切ってから3mm厚の短冊切りにして、塩一つまみをまぶす。コンニャク25gは、ウドより小さめの短冊切り(3.5×1.5cm)にして、醤油小さじ1/2をまぶす。