海の精クラブは、伝統海塩「海の精」のユーザー会です。

平成4(1992)年に「塩の道クラブ」として発足して
平成23(2011)年春に「海の精クラブ」と名称を改新しました。

なつかしくて新しい食の知恵である、マクロビオティックな“伝統食育”や
塩の思想にもとづいた、エコロジカルな“伝統生活”を提案し、
それにそった塩と食と健康についての情報をお届けします。

海の精クラブではメンバーを募集しています。
ご入会いただきますと、年4回発行される会報誌『うみのせい』と
毎年冬に発行される『伝統食育暦』をお届けします!
またクラブメンバー対象の「海の精サロン」にご参加いただけます。
(会報誌『うみのせい』と「海の精サロン」は下記をご覧ください)。

年会費は1,000円のみ。お手続きはカンタン!

『伝統食育暦』は、季節ごとの食事のポイントや、月ごとの食の情報を盛り込んだ“食育暦”です。
カレンダーには、旧暦の日にちや月の満ち欠けをイラストで入れています。

日本の伝統的な“暦”は、自然と対話しながら、
暮らしを豊かにする知恵が含まれています。
そうした先人の知恵を日々の暮らしに取り入れていただけたらと、制作しています。

海の精クラブメールマガジンは、毎月1日配信。
その月や季節に合った食や健康に関する情報&
旬のシンプルクッキングレシピなどをお伝えしています。

日々の食や暮らしの実践的なヒントを配信しています。
比較的長めの読みもの中心です。
無料で配信しており、ご登録も解除もカンタンにできます。

海の精クラブが年4回、季節ごとに発行している
クラブメンバー向け会報誌『うみのせい』。

食や健康に関する特集インタビュー、季節感あふれるレシピ、
医師の石井仁平氏による健康に関するお話などを掲載しています。
サイト上でバックナンバーの主な記事をご覧いただけます。

海の精クラブでは、海の精クラブメンバーを対象に「海の精サロン」を開催しています。
海の精クラブがおすすめしている“伝統食育”などを丸一日(10時~16時)かけて、見て、聞いて、味わう、体験の場です。

午前は、講師による「海の精クッキング」(料理実演)を間近で見学し、
昼食はできたての料理を味わっていただきます。

午後は、講師による「海の精スクール」(講義)と、質疑応答&交流会を行います。

楽しく、おいしく、ためになる。そんな時間を一緒に過ごしませんか?
皆さまのご参加をお待ちしております。

年4回、東京ガスとのタイアップ企画で開催している料理教室。
海の精商品を使って、かんたん!新しい!これは使える!といった、
おいしおレシピをご紹介します。
また、ただ料理を作るだけでなく、環境を考えたエコな<食>・<料理>を
学びます。
エコ・クッキングを実践するだけで、ご家庭でもガスと水の使用量、
生ゴミの排出量が減るという効果も◎
※エコ・クッキングは、東京ガス(株)の登録商標です。

お誉めや喜びの声には、元気をいただき、
おしかりやご提案には、より向上するための機会や気づきをいただきました。
皆さまからのご意見が、私たちの元気ややる気の源になっています。
これからも、忌憚のないご意見をいただけますようお願いいたします。

海の精クラブでは、これまで多くのご意見をいただいてきました。
お誉めの言葉、喜びの声だけでなく、
おしかりやさまざまなご意見をいただいております。