のりの佃煮(えのき入り)

準備中

出所:『「海の精サロン」2014年12月7日大森一慧さま』

菜食者に不足しがちなカルシウムやビタミンB12が補給できるのりの佃煮。しっかりした醤油味で、食事ごとにひと箸ずつ食べる常備菜です。

調理時間
10〜20
材料

・焼きのり…10枚
・えのき…1パック
・醤油…大さじ8(120cc)
・水…大さじ10(150cc)
・針生姜(繊維にそって千切りに)…5~10g
・煎りゴマ(白)…大さじ1

作り方

1.えのきを4~5cmに切り、ばらしておく。
2.醤油を鍋に煮立たせ、水を加える。
3.焼きのりはあぶって、小さくちぎり、2の鍋に入れる。火が入ったらえのきを加え、中火にしてよく混ぜる。菜箸でのりとのりがくっつかないように、ばらしながら混ぜる。
4.針生姜は、煮汁が少し残っている段階で加え、煮汁がなくなったら火を止める。
5.器に移して、煎りゴマを全体に混ぜ込む。

ここがポイント

*醤油を煮立たせることで、味が濃くなり、おいしくできます。その中にのりとえのきを入れます。
*ゴマは鍋で混ぜると、鍋にゴマがくっついて無駄になるので、器に移してから混ぜます。
*おむすび、お弁当、巻き寿司にも使えます。