キヌア入りパイナップル羹

出所:『2012年5月「海の精サロン」ゆみこさま』

パイナップルに穀物(キヌア)をプラスした寒天のデザートです。少ない量でも満足度が高く、果物の食べ過ぎを防いでくれます。塩でミネラルバランスもととのえています。

調理時間
1時間以上
材料6人前

・パイナップル…400g
・炊いたキヌア…80g
・糸寒天…5g
・水…360cc
・海の精あらしお…小さじ1/4

作り方

1.糸寒天は一晩水(分量外)につけて戻し、ザルにあげて水を切る。
2.パイナップルは皮をむいて、縦4等分にし、芯を取ってから1cm幅に切る。
3.2と炊いたキヌアを混ぜて、型に敷き詰める。
4.鍋に1の糸寒天、水、塩を入れて火にかけ、寒天がよく煮溶けたら3の型に流して固める。
5.4が固まったら適当な大きさに切って器に盛る。

ここがポイント

*パイナップルの代わりに熟したスモモでもおいしくできます。
*固まった4を軽くフードプロセッサーにかけると、ジュレのようになります。

関連レシピ