白菜と豚バラのミルフィーユ鍋

出所:『海の精レシピ開発室』

白菜と豚バラ肉を重ねる新定番の鍋物。「煎り酒」と「うましお」を使って、出汁いらずで旨みたっぷりの鍋物が手軽に作れます。スープを多めに作って、お鍋の後は雑炊にしてもおいしいです。

材料2人前

・豚バラ薄切り肉…200g
・白菜…8枚ほど
・水…200ml~(鍋の大きさに合わせて調整してください)
・海の精 うましお…少々
・海の精 煎り酒 濃厚タイプ…(水200mlに対して)小さじ1~2

作り方

1.白菜は1枚ずつはがし、白菜の上に豚バラ肉を2~3枚広げ、「うましお」を全体的に軽く(2振り程度)振りかける。白菜→豚バラ肉→「うましお」を繰り返し、最後に白菜になるように交互に重ねる。
2.鍋の高さに合わせて4~5㎝幅に切り、鍋にぎゅうぎゅうに敷き詰める。
3.水を加えて火にかけ、沸騰したらフタを取る。火が通ったら、「煎り酒 濃厚タイプ」を加えて少し煮る。

ここがポイント

*ぎゅうぎゅうに白菜と豚バラ肉を鍋に敷き詰めた方が、きれいに仕上がります。そのまま鍋ごと食卓に並べるだけで、ぱっと華やかになります。 *旨みが詰まった濃厚タイプなので、少量で、しっかり味を引き出します。