ミョウガの梅酢漬け

出所:『山本洋子さま』

梅酢があれば、飛び切り簡単でおいしい漬物があっという間にできます。
香りのいいミョウガがより爽やかになり、長期保存もOK。
なによりも、スーッとする梅の酸味と塩分が、体をすっきりさせてくれます。
いい塩で作られた梅酢が味の決め手です!

調理時間
1時間以上
材料

・ミョウガ ・・・適量
・梅酢 ・・・適量
・みりん ・・・梅酢と同量(やや甘めなので、好みで加減を)

作り方

ポリ袋に生のミョウガをそのまま入れ、梅酢(好みでみりんも)を注ぎ、ぎゅーっと空気を出して、冷蔵庫へ。
かぶるくらいの梅酢が基本ですが、ミョウガから水も出るので梅酢の量は少なめでも大丈夫です。時々、袋をひっくり返してまんべんなく漬かるようにします。

漬かり具合はお好みで。
5日目くらいになると中まで真っ赤になって、くたくた状態になります。

ここがポイント

そのままでパリッとおいしく、漬かりすぎたら薄くスライスしてそうめんや冷や奴の薬味、お弁当のおかずにどうぞ。
みじん切りにしてごはんに混ぜると、彩り鮮やかな酢めしになります。
夏の純米酒のおつまみにも最適です。

ひとくちに梅酢といっても、いい梅で、いい塩を使ったものが味の決め手。
海の精の紅玉梅酢は、塩味がマイルドで酸味もおだやか。
いい塩梅に漬かります。
夏はミョウガやキュウリで、冬はカブがおすすめです。