海の精 漬物塩 (国産)
おいしい漬物の作り方

― 漬物で、健康づくり ―
野菜に含まれるビタミンは、熱に弱い性質があります。
漬物は加熱しないため、野菜のビタミンと食物繊維がたっぷり摂れます。
手づくり漬物には、漬物を発酵させた乳酸菌や酵母、酵素も生きています。
漬物は、まさに日本人の健康を維持してきた、健康促進食品です。

材料:キャベツ3kg、赤とうがらし1本、にんにく1ヶケ、ローリエ1枚、 海の精150g、重石3kg

  • (1)キャベツは太めの千切りにして、海の精をまぶして塩もみしてから、香辛料と一緒にカメに入れる。
  • (2) 皿などで落しぶたをしてビニールをかぶせ、重石をして冷暗所に置く。
  • (3) 3~4週間後にカビを汁ごとすくい取って、まわりについたカビもきれいにふき取り、
    キャベツを密閉容器に詰めて冷蔵庫で保存する。保存期間は1ヵ月。

材料:きゅうり2本、ニンジン10g、ショウガ20g、昆布8cm、梅酢 大さじ4、海の精 少々

  • (1) きゅうりは海の精で板ずりし、5等分に切ってから縦に4つ割りにする。
  • (2) (1)にニンジンとショウガの千切りと昆布を混ぜて、梅酢も加え、軽く
    重石をして一晩おけば出来上がり。

材料:干しだいこん5kg(12~13本)、海の精300~600g、ぬか400~700g、赤とうがらし2~3本、昆布
10cm、干した果物の皮 少々、重石10kg

  • (1) だいこんは、葉をつけ根ぎりぎりの所で切って、まな板の上で転がしてもむ。
  • (2) ぬかと海の精をよく混ぜて、樽の底に3cmの厚さにしきつめ、昆布などの副材料を散らす。
  • (3) だいこんをきっちり1段並べて、すき間には葉を詰め、
    ぬかと海の精をだいこんが見えなくなるまで入れて、副材料を散らす。
  • (4) (3)を繰り返して、最後に干しだいこんの葉をかぶせる。
  • (5) 残りのぬかと海の精を全部ふって、体重をかけて全体を押しつける。
  • (6) 木の落しぶたをして重石をかけ、冷暗所に置く。
  • (7)20日くらいして、水が落としぶたの上まであがったら、重石を半分にする。1ヶ月半から食べられる。

材料:白菜1株(3kg)、海の精120~160g

  • (1) 白菜はまるごと2日干して、重さをはかって4~5%の海の精を用意する。
  • (2) 丸ごと水に漬けて、ざっと洗って根元に包丁の目を入れ、縦6個に割く。
  • (3) 容器の底に海の精をふり、白菜を葉先と株を交互に、
    切り口を上に向けて1段ずつきちっと並べ、海の精をふって詰める。
  • (4) 最後にはがした外葉をかぶせて、落としぶたをして、上に重石をのせて冷暗所に置く。
    水が落としぶたの上まであがって2~3日したら重石を半分にする。
  • 漬けてから4~5日目から食べられます。漬物が減ったら重石もどんどん軽くします。1株ずつ取り出し、酒、赤とうがらし、昆布、ニンジン、ゆず皮などを加えて漬けなおしてもおいしいです。

漬物づくりは塩選びから

やっぱり漬物の決め手は“塩”。
漬物の味を左右するだけでなく、発酵にも深く関わっています。
海水から直接生産した伝統海塩「海の精」は、ナトリウムだけでなく、マグネシウムやカルシウム、カリウムなどの成分も含んでいます。しっとりと素材になじみ、マグネシウムなどの成分が漬物の発酵を助け、カルシウムが野菜の細胞膜を崩れにくくして、シャキシャキとした歯ざわりを保ちます。